【2.13/3系】セキュリティ対策でEC-CUBEにCAPTCHA機能を実装するカスタマイズ

EC-CUBEの決済・クレジット決済の不正対策

最近クレジット決済を導入していると、決済会社から

「不正(いたずら)の決済が同日に数百もあったので早急に対策してください」

なんていう通知が来ることが多々あるそうです。

単純に全く関係ない第三者がやっているのか過去にそのショップで何かしらトラブルがあってそのことでしつこく何かしら嫌がらせをしているのか、はたまた知らないところでうごめいている業者がいるのか、

何れにしても決済会社からトランザクションフィーが数万円や多い場合で数十万円取られるなんてこともあるそうです。

このような決済周りの嫌がらせ対策はなかなか難しいのですがCAPTCHAを導入するのは一つの方法です。EC-CUBEのバージョンが2.12や2.13であれば結構前にお問い合わせ専用ですがプラグインを作った会社がありますが、決済ページでCAPTCHAを設置するプラグインは2系でも3系でも現時点では内容なので手動で導入するしかなさそうです。

決済にCAPTCHA機能プラグインを作るには?

弊社でもCAPTCHA機能を設置することは可能ですが、このEC-CUBEの決済ページにCAPTCHA機能を実装するのは種類によりますが低価格なものから10万円や20万円レベルの費用がかかるものもあります。

CAPTCHA機能を実装する場合、ほぼクレジット決済導入している場合なので決済会社のモジュール(プラグイン)次第で導入の方法(プログラム)が異なるのでお使いの決済会社を確認してからの検討・お見積もりになります。

またEC-CUBEのバージョンによっても導入の難易度が変わるのでそれらを含めて検討しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA