EC-CUBE4をインストールできる格安レンタルサーバー

EC-CUBE4でネットショップを立ち上げたいけれどどのレンタルサーバーならインストールできるの?

そんな疑問にお答えいたします。

EC-CUBE4をインストールに最低限必要なレンタルサーバーの要件は?

EC-CUBE4のシステム要件はこちらで説明しましたが、最も重要な項目がPHPのバージョンになります。
PHP7.1以上が使えるレンタルサーバをまず探す必要があります。

メジャーな格安レンタルサーバーは大手が運営している場合が多いので、基本的にPHP7.1から7.2対応済みのサーバー会社はすでに多くなってきています。

PHPのバージョンクリアしましたら次に重要なのがサーバーのスペック。

CPUだったり、ディスクがHDDかSSDか、メモリなどこれらはサイトを表示するだけでなく、EC-CUBEをインストールしたりプラグインをインストールしたりあらゆる場面で速度が遅いとタイムアウトエラーであったり、メモリーの消費エラーが発生する原因になるので、これらの性能が高い方が正常動作する可能性が高くなります。

実際に確認したレンタルサーバーでインストールは?

実際当社で試したレンタルサーバーですが、

  • ロリポップ
  • Sakura
  • KAGOYA
  • エックスサーバー
  • mixhost
  • へテムル

これらのレンタルサーバーで実際にチェックしました。
プランによってもスペックや仕様異なりますが、基本的に500円から1000円の安いプランで試しています。
安くて最低限MySQLのデータベースが使えるサーバという条件で選択しました。

インストールについては結論を言うとどのサーバーでもインストール自体は可能でした。
ただしKAGOYAについては安いプランだとメモリーがかなり低いのでそもそも安いプランを使う場合KAGOYAは現時点では避けたほうがいいかと思います。

EC-CUBE4の動作やプラグインの利用での問題点

先に説明した通りインストールは比較的問題なくいけるサーバが多いのですが、EC-CUBE4特有の動作が一つあり、

それは、プラグインの問題があります。

EC-CUBE3まではプラグインを使うときにオーナーズストアから購入処理後にEC-CUBE管理画面で購入したプラグインを表示させますが(手動インストールではない方法の場合)、

基本的にここでエラーが出ることってほぼなかったのですが、

EC-CUBE4の場合、ここで結構大きな問題と遭遇することになります。

EC-CUBE4のプラグインインストール時のエラー問題

EC-CUBE4でインストールしたいプラグインを入れるときにサーバーと通信し、インストールボタンを押すのですが、ここで仕様上(テクニカルな部分なので仕様という一言で置き換えますが)、
サーバとの通信、プラグインのインストール時点でメモリーを500Mから1Gというかなり大きなメモリーを消費するという問題です。

ここでスペックが低いレンタルサーバーは、エラーが起きてEC-CUBE4の最も重要なプラグインが使えないという問題が出てしまいます。

結局EC-CUBE4正常に動作するレンタルサーバーは?

最終的にプラグインのエラーも出ない正常に動作するレンタルサーバーはこの2つのサーバーが現時点で確実になります。

一つは、

エックスサーバー (最も安いプラン)

言わずとしれた最近評判が高くプロのブロガーや企業も多く使っているレンタルサーバーですね。

そしてもう一つは・・・

さくらのレンタルサーバ (500円のスタンダードプラン)

そもそもEC-CUBE4の実際の動作テストはSakuraサーバで試している記述があったので、SakuraサーバーはEC-CUBE4を使う当たって格安サーバーではおすすめの一つになるかもしれません。

まとめ

現時点でエラーが出ているレンタルサーバーでも今後おそらく少しづつ正常に動作するサーバーは増えていくと思われます。

それは、EC-CUBE4のプログラム改良の点であったり、レンタルサーバー会社のスペックの向上だったり双方の観点からになると思います。

何れにしても現在はエックスサーバーとSakuraサーバーが確実と思いますのでご参考に・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA